前へ
次へ

税理士等の士業は所詮サービス業です。

勤務税理士の平均年収は500万円と言われています。あれほど勉強して掴んだ資格なのに、大学のクラス会へ行くと給料が一番低かったという人が多くいます。税理士試験に受かるような人はコツコツ勉強する真面目な人が多く、真面目な彼らなら一般企業に入っていたらおそらく出世して、もっと多くの給料を得ていたでしょう。しかし、税理士事務所の多くは少人数の零細企業です。そのため社会の景気に影響されやすく、企業家が減れば新規のお客さんは増えません。以前までは、先生と呼ばれた人も、現在は青色申告を数多くさばきながら、必死に売り上げを上げているのが現状で、決して安定した職業とは言えなくなっています。弁護士・医師などの士業は、他人がいて成り立つサービス業にすぎません。今後の士業は他人ありきでなく、自ら道を切り開くような人でなくては務まらないでしょう。

top用置換

ふるさと納税で返礼品として指定されるのはそれぞれの市区町村にゆかりのある品、特産品などになります。そこでしてみたいのがふるさと納税を利用したお取り寄せです。まずお取り寄せしたい食べ物をサイト上から探します。各市区町村のサイトに行かなくても、一つのサイトで各地の返礼品が検索出来たりもします。取り寄せたい品が決まったらその品を返礼品に指定している市区町村にふるさと納税をし、取り寄せたい品で返礼品を送ってくれるよう指定します。通常ネットから食べ物を購入するときは注文してすぐに届きますが、ふるさと納税制度においてはいろいろな手続きが行われます。ですから寄付をしたからと言ってすぐに商品が届くわけではありません。それぞれにおいて発送予定時期が記されているので、それを目安にしておくと良いでしょう。今すぐ食べたいものに対してこの制度を利用するのは少し無理がありそうです。忘れたころに突然送られてきたりもあるかもしれません。

top用置換2
Page Top